額装例

エミリオプッチ・スカーフを額にいれました

スカーフ本体にマット紙を70ミリほどつけましたので、

かなり大きい額(1025×1000 ガラス寸法)になりました。

スカーフの柄が大胆なので、柄が映えるような額装をとの

お客様のご希望を受け、店内の沢山あるフレームから

一番シンプルなものをご相談をしながら選びました。


お客様も完成品の大きさに驚かれていましたが、

飾ると迫力があって、良かったとご満足いただけました。

今回、柄を出せるところまで出したかったので、

お客様には納期の面でお待たせすることになりました。

裏打ちをしてから採寸したほうが、正確に採寸ができますので、

今回はマットをつけることもあって、時間を頂きました。


最近、こちらのブログやHPをご覧になられた方から

お問い合わせを頂いたり、ご注文をいただく事が増えてきました。

スカーフを額にしたいとお考えの方が多くいらっしゃられるみたいです。

どうぞ、お気軽にご質問くださいね。